ホワイトニングだけじゃなく毛穴にもオススメ「コスメライトクリーム」

女性にとって日焼けやシミは多い悩みですが、それ以上と言っていいのは毛穴の黒ずみや開きではないでしょうか。毛穴を隠すための化粧品は沢山出ていますが、やはり詰まったり取り切れなかったりで開きが大きくなってしまいます。隠すならコスメライトクリームでしっかりケアをすることをオススメしたいです!

*

コスメライトクリームの使い方と注意点・1日1回の使用が基本

   

コスメライトクリームは、優れた美白効果のあるハイドロキノンやトレチノインが含まれている医薬品です。

コスメライトクリームには優れた美白効果があり、シミやそばかすを薄くする働きがあります。用法・用量を守って使えば、とても優れた効果を発揮します。しかし、刺激のある塗り薬なので、使う際にはいくつかの注意点があるのです。このページでは、コスメライトクリームの使い方を注意点を解説します。

コスメライトクリームの使い方

コスメライトクリームの使い方はシンプルです。入浴後の清潔な素肌をローションなどで整えてから、1日1回シミやそばかすの目立つ部分に薄く塗ってください。現代はお肌が乾燥しやすく敏感な方が増えているので、1日1回を超えて使用するのは控えましょう。回数や量を増やしたからと言って、効果は高まりません。それどころか、塗りすぎると副作用につながる恐れがあるので、用法・用量を守ることは大切です。

コスメライトクリームには、メラニンに働き掛けて垢と一緒に古い角質を取り除く働きがあります。2週間から4週間ほど使用すると少しずつシミが目立たなくなってくるので、幅広い年代に高い人気があります。コスメライトクリームの特徴は、ハイドロキノンが2%しか含まれていないので、安全性が高くお肌に刺激が少ないことです。

妊娠中や授乳中は胎児への影響がある

妊娠中の女性がコスメライトクリームを使用すると、胎児に影響が出る危険性があります。薬の成分が悪影響を及ぼし、流産や早産の原因になってしまう場合があるのです。授乳中の女性は普段よりも体がデリケートになっているので、コスメライトクリームは使用しないでください。

とはいえ、妊娠中や授乳中は普段よりもお肌が荒れやすくなっており、シミやそばかすが気になっている方が多いでしょう。女性ホルモンの影響でシミができやすい状態ですが、コスメライトクリームは使用せず、別の方法でシミ対策をしてください。外出をする時は日焼け止めを塗ったり、UVカット効果の高いファンデーションを使ったりするとよいでしょう。また、帽子やマスクなども紫外線の対策に役立ちます。

子供はコスメライトクリームを使用できない

子供は大人に比べるとお肌がとてもデリケートなので、コスメライトクリームは使用できません。コスメライトクリームは、ハイドロキノンが配合された薬のなかでも低刺激です。しかし、肌が弱い人はピリピリとした刺激を感じることもあります。特に、12歳未満の子供の肌には、コスメライトクリームを使わないようにしましょう。

肌の弱い方はパッチテストから

お肌の弱い方は、念のために、パッチテストをしてから使用すると安心できます。ほかの塗り薬や化粧品などで肌荒れを起こしたことのある人は、特に注意が必要です。コスメライトクリームを初めて使う場合、まずはパッチテストで肌が荒れないか確認しておきましょう。最初に確認してお肌に合えば、安心して使い続けられます。

コスメライトクリームは優れた美白医薬品なので、肌に合う人は長く使い続けてみましょう。